2017年09月13日

『女囚セブン』剛力彩芽の“クール”な演技が高評価「今までで1番のはまり役!」

剛力彩芽が主演する金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15~)。これまで笑顔で元気なイメージの役が多かった剛力だが、この作品では笑顔を見せない女囚役で出演しており、インターネット上では「はまり役だと思う」と彼女の演技を称賛するコメントが多数あがっている。

この作品は、剛力演じる京都の芸妓・神渡琴音が、酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺害。その罪をかぶって刑務所に行くことになり、そこで待ち受けていた一癖も二癖もある女囚たちにいじめられ、ときに命まで狙われるものの、持ち前の腹黒さ・したたかさでそこを切り抜けていく姿が描かれる。しかも、実は琴音は“冤罪”。彼女がなぜ無実の罪をかぶり、刑務所にやってきたのか、その謎も次第に解き明かされていく。
女囚セブン DVD

 

1話では安達祐実、2話では平岩紙、そして、5月5日に放送された3話では、トリンドル玲奈演じる元ヤンキーで夫を殺したシングルマザー・市川沙羅と真夜中にタイマンでガチ対決を披露し、日本における待機児童問題という社会問題にも斬り込んだ。毎回、後半に1対1のタイマン勝負があり、流暢な京都弁で、それぞれが抱える闇を鋭くつき、プリズン・サバイバルを生き抜いている。そして、普段は無口だが、ケンカも強く、そのギャップに「何をされても無表情でクールな感じと、2人きりになった時に正論をキレキレの京都弁?? で畳み掛けるギャップがたまらない」「マジでカッコイイ」「今までで1番のはまり役! あの京言葉での啖呵好き!」「氷系の美人だから冷たい役最高にマッチしてる」「剛力さんの演技に引き込まれる」「表情の細かい演技とか素晴らしい」と反響。

3話は、トリンドル演じる沙羅と対峙。沙羅は、ロクに働きもせず育児放棄する夫から娘を守ろうと殺人を犯し、殺人罪で服役中で、「早く刑務所を出て娘に会いたい」という気持ちに付け込まれ、琴音を陥れるための刺客に……。しかし、琴音はそんな沙羅のシングルマザーとしての苦悩や葛藤をすべて見透かし、彼女に鋭い喝を入れ、真夜中の刑務所で沙羅に「あんたはんが罪を犯さざるを得なかったのは、この社会のせいどす」と、現代日本が抱える待機児童問題を一刀両断するという内容だった。5月12日の放送の4話では、全身整形の美容整形看護師・千鶴香(橋本マナミ)と対峙する。
キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~ DVD



Posted by ebayflower at 12:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
『女囚セブン』剛力彩芽の“クール”な演技が高評価「今までで1番のはまり役!」
    コメント(0)